Junks and Toothpaste

just some random pieces of everyday

構造のギャップ

英文添削をしていると、ぜんぜん関連性のない人達が、なぜか同時期に同じところでつまづくことが時々ある。

 

ちょっと前はそれが冠詞だったので、冠詞のことを毎日のように解説してた。a は不定冠詞なので、「いくつかあるうちの、どれでもひとつ」といった時に使いますよ。the は定冠詞なので、具体的な意味があるときや唯一無二のものに対して使いますよ。など。

 

最近は、文全体はとてもよく書かれているのに、副詞の位置に違和感がある文章が多い。日本語は語順の自由度が高いので、副詞の位置で困ることはあまりないが、英語となると、少し語順が変わっただけで文の印象がまったく変わってしまうことも少なくない。

他動詞の後ろには目的語がくるので、ふたつの間には副詞は入りませんよ。文頭や文末に置くか、修飾する語の直前に置くことが多いですよ。など。

 

やっぱり思うのは、日本語に概念として組み込まれてない部分は、英訳したときにつまづきやすい。冠詞にしても、語順にしても。

生の英語にたくさん触れて、感覚として身につけていくほうが、時間はかかるけど一番効果的だなぁと、改めて思いました。