Junks and Toothpaste

just some random pieces of everyday

lazy crazy

なるほど私は考え方がちょっと人と違うのかもしれない。

ずっと、自分は普通の、至って平均的で平凡な人間だと思っていたけど。真面目で安定志向でね。でもここ数年で、自分でも「私ってズレてるんだ」って思うようになった。

まあ自分で「私って変わってるんです」って言うのが恥ずかしかったところもある。人に受け入れられたかった、良い人だと思われたかったっていうのもある。
でも根っこの部分で、私はやっぱり極端な人間であり、ゼロか百かしかないんだと。

もう、嫌なことに耐える気がまったくない。嫌なことずっと耐えてまで生きてる意味はないというか。
嫌なこと続くと、だんだん自分のことが嫌になるしね。自分って無価値じゃん、何の為に生きてんだろう、私が生きてて何になるんだろう、まで思考が突っ走っちゃうしね。

だから自分を価値あるものと思える、あるいは価値あるものにしていける環境にいたいし、自分のやっていることは何の為なのかっていう目的意識みたいなものは常に持っていたいし、これらを総合すると結局「やりたくないことはやらない、やりたいことをやる」になる。
だから「やりたくない」の面を見た人には「やる気のないクソニートだな」っていう評価をされるし。「やりたい」の面を見た人には「無鉄砲だな」って思われたりもするし。でも別にそれでいい。失敗しても死ぬわけじゃないし、死ぬなら死ぬで別にいいしさ。

でも今の私が死んだところで何も残らないから、今はまだ死ねないなと思う。
とりあえず死んでも遺産が残るように保険はかけておきたいし、少しばかりは貯金しておきたいし、奨学金とか諸々のお金もできれば全部返しておきたい。お金ばっかかよっていう。

あとできれば死ぬまでに一冊は本を訳して出版したい。ここは現段階での一番大きな目標、生きる目的。がんばろう。