Junks and Toothpaste

just some random pieces of everyday

感極まれり

昨日の夜ぐらいからはセンチメンタルで、でもいまだに東京で一人でやっていくという実感はなくて。もやもやとした気持ちとか、不安とか寂しさとか、よくわからない感情がいろいろ混ざってた。

 

今ひとりになってみて、リビングの電気もないしカーテンもないし、キッチンで音楽を聴きながらもぞもぞしてた。で、そういえば来週から講座が始まるんだった!と思って、受講のお知らせの封筒を開いた。

 

行きたかった学校に行けることになって、翻訳士の資格も取れて、東京行きも決まって。いろんなことがトントンと進んで、急展開ともいえる数ヶ月やったけど。ここにきて、初めて足を止めて、「夢が叶いつつある」という実感で、嬉しくて泣いた。

 

悲しくて泣くとか、感動して泣くとかはよくあるけど、嬉し泣きってあんまりしたことなくて。最初嬉し泣きって自分で分からなかった。でもなんか、頑張ってきたよなあって。たった一年ちょっとやけど、私は私にやれることをやってきたつもりで、芽が出つつあって。

「自分は好きなことをやっていくからこれでいいんだ」ってずっと言ってきたけど、やっぱり悔しさとか卑屈さとかが無かったわけではなく。認められたい気持ちもあったし、必死というか強がってる部分もあって。でも形になりつつあるんだなと。

 

周りの友達みたいに朝から夜まで働いてたわけでもないし、一日中勉強してたわけでもないし、サボってしまうこともあったけど。私は私なりのペースで、着実に前に進みつつある。これでいい。

 

 

ずっと実家にいると、家族に腹が立つことってたくさんあるけど、本当に本当に、家族に恵まれていたからこそ、支えてもらったからこそ、今の私があるんだなと思う。

頑張ったのは自分やけど、頑張れたのは家族のおかげだという。私はそれを絶対に忘れてはいけないし、驕ってはいけないし、自分一人でここまでやってきたという気になってはいけない。感謝を忘れないこと。忘れそうになることもあるけど、ちゃんと思い出すこと。

神様やご先祖様への感謝も忘れないこと。宗教じみて聞こえるけど、絶対見守ってくれてると思うので。だから私は、どんなに嫌なことがあって死にたいって思うようなときがあっても、絶対不幸にはならない自信がある。とにかく感謝を忘れないこと!

 

たぶんまたいろいろ疲れたり落ち込んじゃったりするだろうけど、とりあえずやっぱり、自分の好きなように生きていきましょう。東京でもがんばりましょう。