Junks and Toothpaste

just some random pieces of everyday

お人好し

「私こう見えて実は優しいからなあ」

「うん、こう見えてってか、めちゃめちゃ優しいよ。変なところで。優しいというか、お人好しというか」

「そうか。優しいんじゃなくてお人好しか」

「しかも変なところでね。お人好しが過ぎるところがあるね」

「頼まれたら断れんし、押しに弱いしね」

「そうそう。あと自分の欲望にも弱い」

「間違いない。全体的に意志が弱い」

 

 

「私は極端な人間やからさ」

「うんうん」

「オシャレなカフェでケーキ食べたい♡みたいなときもあれば、ラーメン食って餃子食ってビール飲みたい、みたいなときもあるわけよ」

「みんなそうやろ」

「まあまあ、それで、今まではどっちにも対応できる人と付き合いたいと思ってて」

「うん」

「でもこれに限らず、両方を持ち合わせた人ってあんまりいなくて」

「そうかな」

「例えば虫出て『こわいよー』って言ってるときに、笑ってくれる人も良いし、大丈夫だよって宥めてくれる人も良いけど」

「うん」

「どちらか片方を選べば、結局ないものねだりになるというか」

「なるほど、時と場合によってはね」

「どっちか片方の性質を諦めるってことが、妥協する、完璧を求めないってことなのかと思い始めて」

「そうかもね」

「例えばラーメン餃子ビールに行ってくれる人と付き合うなら、カフェでキャッキャは友達とすればいい、とかね」

「間違いない」

「そんな感じでいこうと思ったわけよ」

「まあ、お前も本当にめんどくさい人間やなあ~」